2012年06月11日

仕事関係は脱力月間

 日々の出来事も書かぬままに、もう六月半ば。日々の些細な喜びはあったけれど……。四月の介護保険改正後、春先から初夏の自律神経などの不調と相俟って、利用者さんの間でトラブル続き。守秘義務で詳しいことは書けない所が多いが、一番大変だったのが買い物同行中に倒れられての緊急搬送。救急車を呼べばもれなくおまわりさんも付いてくる……で、倒れた利用者さんをタンカで救急車を乗せた後、ともかく一刻も早く病院へ……と思うけど、そうはいかないのね。緊急性はないと見なされたのかもしれませんが、まずどういう状況で……と事情徴収から。
 そういうこと始めいろいろとあり、五月のイネ科の頃のアレルギーが出て体もしんどかった。ヘルパーの仕事を始めてからアレルギーが酷くなってきたと思う。掃除ができいない、尋常じゃないお宅もあるし。常に飽和状態の少し前ぽくて、何かのキッカケで咳やクシャミが止まらないなんてことがしょっちゅう。もう、これ以上は掃除の介助には入らないんだからねッ……と断り続ける。ハァ。
 
posted by 思惟 at 10:29| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
お疲れ様です(>_<)
大変ですね。救急車はそうですね。義父に付き添った時にも長々話してました、出発もせず止まったまま。

仕事、適度にコントロールして体調に気をつけてくださいね。なかなか難しいでしょうけど。かくいう私もヨレヨレですけど。( ̄▽ ̄;)


Posted by 津右子 at 2012年06月16日 13:46
津右子さん 救急車の人たちは慣れてるからか他人事なのか、まあ、緊急性を見切っての対応でしょうけど。警察の人から住所と生年月日は?と聞かれて、答えたら、「いやいやアンタの」って言われました(-"-メ) ワシかぃ。ワシのもかいっ。
Posted by 思惟 at 2012年06月19日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]