2012年04月06日

一難去らずにまた一難

 先のファイルで夫の目の手術云々という話になり、治る可能性は半々と言われたものの、今より悪くなることはないだろうと本人も手術を受ける気になり、その最終確認と説明を受けに病院に行きました。十日後に入院となるため、間際にバタバタするよりもと新しい下着やパジャマを鞄に詰めスタンバイOK。

 が……。病院からに帰宅したヤツが言うことにゃ、事前に受けた血液検査の結果、糖尿病の数値が良くなくて、基準値に戻るまで手術できませんと言われ、すぐに内科受診するよう予約されたと。以前から糖尿病予備軍と言われていたのは判ってたけど、それくらいで手術拒否されるなんてとおかんむりで、翌日、内科受診した後、ブツブツ言いながら帰宅しました。

 内科の先生から「予備軍なんてどんでもない。立派な糖尿病ですよ。目の手術を早くしたいなら入院治療をオススメします。それがイヤなら薬を飲んで、しっかり療養してください」と言われたそう。「はい、わかりました……。甘いものもお酒も控えめにします」などと言ったヤツに対して、先生は「何言ってるですか、控えめじゃなくて、一切止めてください。禁酒ですよ」と。先生、よう言うてくれました。(ガッチリ両手握手) そんなワケで、未練がましくノンアルコールビールを買いに行くダンナ。ホントに心からいい気味です。
 
 私は今、三人の男性の利用者さんを受け持ってますが、いずれの方もまだ年齢的にはお若い年だけど、酒飲み−糖尿病−脳梗塞……の道筋を辿ってきた方ばかり。一概に決めつけられないかもですが、生活習慣を改めたらそんなになることはなかったはず。夫も自分では「そんなに飲んでない、チョコもおかきもちょっと摘んでる程度、その証拠にそんなに太ってないしスポーツもしてる」と言いますが、端から見れば、仕事を辞めてから休肝日もなしで昼間からチビチビ飲んだり、おつまみでおかきをバリバリ。
 そんなワケで目は手術延期となりましたが、まさに瓢箪から駒というか。まあ、ここはいい風に考えておきます。

 さて、同時期に我が家では、車の買い換え問題が発生。父親の原付、私の自転車に加え、息子が帰ってきた為、自転車がもう一台、将来的には原付……とガレージに置ききれないことから、小さめの車に……と。元々、母親が生きてた頃に6人乗れるようにと買った車だし。私が仕事を始めてからは休めなくなってお出掛けもしなくなり、6年乗って走行距離二万も行って無い。中古車買取に査定に出したら三月中に売るのなら結構良い値段で引き取って貰え、ちょうどホンダから新しい軽車が出て、試乗したら多少エンジン音はうるさいものの従来の軽より「走る」と感じたようで思い切って買い換えました。納車は五月半ばで一ヶ月間、車ナシの生活ですが、ヤツの手術・入院中と重なり丁度いいやん……と。結局、入院中止になったけどさ(-"-メ)

 そんなこんなで夫絡みでドタバタ中の我が家です。
posted by 思惟 at 09:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]