2012年03月07日

最近の私と怒(-"-メ)

白内障の手術からもうすぐ二ヶ月。一時はどうなることかと思った術後の違和感もかなり治まっている。近くが見えにくい不自由さはあるが、老眼鏡を掛ければ文庫本も疲れはするがちゃんと読めるレベルに。

娘の進路が正式決定。作業所とはいうものの名前には「○○学園」と付けられており、お菓子の紙箱を作る作業の他は、陶芸や編み物、紙漉などの創作があり、商品として売られているものは、なかなかいい味が出ているものばかりで、わざわざお金を出しても買いたいレベル。良い所に決まってホッ。

進路の決まらぬ息子(;´д` 昨日、向こうを引き上げて帰ってきた。後は卒業式を待つばかり。今年の十月に看護学校を受験するそうだ。それまではバイトするらしい。一応、帰宅後の挨拶など殊勝な態度ではあるが、一夜明けたら昼過ぎまで寝ている有様(-"-メ)

さらに無職生活の続く夫。一年半ほど前になるが趣味でやってるスポーツで右目を打撲し、もちろんその時、医者に行ったが、出血の引いた後は医者もこれ以上は良くならないと言っていた。生まれつき右目の視力が悪いこともあって、普段から見える方の左目の補佐的にしか右目を使っていなかったために多少、不自由でもこんなもの……と放置。私が白内障の手術をしたのをキッカケに、もう一度大きい所でちゃんと診て貰えと五月蠅く勧めていた。視野の一部が歪んでいるといってたから黄斑変性かも知れない、と。これ以上良くならないとしても悪くならない為に診て貰って、と。それでも無視し続けてた(-"-メ)
一週間ほど前、私がまたその話題を持ち出したことに、「どうせ行くだけ無駄だが、お前の気持ちを納得させるためだけに行ってやる。生まれつき悪いんだから直しようがないし、これ以上悪くなっても、元々あんまり使っていない右目がどうなろうと大したことない」と激怒。
で、私が手術した大きい病院で診察して言われたことにゃ、やっぱり滲出性の黄斑変性。早ければ早いほど良かったんですが……と言われ〜の、手術するしかないが、良くなるかどうかは正直五分五分と言われ〜の、放置し続けて失明することも……言われ〜の。帰ってきて、その話を聞かされた後、私思い切り、ドヤ顔しました。ボソボソと謝ってたようですが、昨日は一日、顔見るたびに、メンチ切り倒してやりました。手術は白内障に比べたらずっと大変だそうで、入院も二週間だとか。酒も抜けていいぢゃん(ΦωΦ)フフフ……。
posted by 思惟 at 14:09| Comment(1) | 日記